いまさら聞けない、法要に招かれた時のマナー

法要とは?

法要とは?の写真

葬儀が終わると四十九日や一周忌、三回忌、七回忌などの法要は、故人を手厚く供養をするための行事なので、命日に行うことが多いですが、現代は仕事や介護で忙しい人が増えているため、命日の前後の土日に行うご家庭が増加しています。
かつての日本では自宅で行うことが多かったですが、現代は僧侶に依頼して自宅やお墓で読経をしてもらった後に、日本料理のお店や斎場などに予約を入れて会食を行うのが一般的です。
四十九日や一周忌などの法要は大変重要な儀式なので、地元の寺院に足を運んで早めに予約を入れておくことが大事です。
法要な故人と親しい間柄の親戚や親族、家族などで行うことが多く、お通夜や告別式とは違い、誰でも参加できるわけではありません。
四十九日や一周忌などの法要を予定している人は、早めに招待状を送ることが大事です。
法要では僧侶に依頼して読経をしてもらったり、お墓に塔婆を持参してもらい、血縁の濃い人から順番にお墓参りをして読経を行います。
法要は午前10時から、11時前後に行うことが多いため、僧侶は午前中に帰宅をすることが多いです。
僧侶にお布施を手渡す必要がありますが、宗派によって多少は金額に違いがあります。
僧侶へのお布施とお車代、卒塔婆料などが必要になりますが、平均的なお布施の相場は3万円から、5万円前後になっています。
若い20代、30代の人はどれぐらいの金額を包んだらよいか、迷っている人が多いですが、年長者にアドバイスを受けると良いでしょう。

法要でのマナーは知らないことだらけでしたね。
杉並区での葬式をするなら、ネット専業の葬儀であるグランドセレモニーが安くてオススメです。
杉並区での葬儀ページはこちら
http://www.grandsougisya.co.jp/suginami.html