いまさら聞けない、法要に招かれた時のマナー

案内が届いたら参加するのがマナー

案内が届いたら参加するのがマナーの写真

四十九日や一周忌、三回忌などの法要は大変重要な儀式なので、急な予定が入らない限りは招待状が届いたら、なるべく参加をするのが基本的なマナーになっています。
法要の3週間から、一か月前に電話か、招待状が届くので出欠の返事はなるべく早めにしておく必要があります。
法要を予定している遺族は、飲食店を予約して会食の準備をしたり、返礼品などを購入する必要があるので、返事は早めにするのがマナーです。
一周忌や三回忌は命日に法要を行うことが多いですが、現代は忙しい人が増えているため、土日に行うことが多くなっています。
法要の招待状は親戚や親族などの血縁の濃い人に届くので、よほどのことがない限りは都合を付けて出席をしましょう。
法要の日程がわかったら、法事を行う時間の30分前には到着をしておく必要があります。
遅刻をするのはマナー違反になるので、余裕を持って外出をしておくことが大事です。
法要は遺族の自宅で僧侶に手厚い読経を受けてから、抹香を使用して血縁の濃い人から順番にお焼香をします。
故人が極楽浄土にいけるように願いを込めて、丁寧にお焼香を行うようにして下さい。
四十九日、一周忌、三回忌などは、まだ喪が明けて間がないので、なるべく参加をするようにして、故人との思い出の話などをすると良いでしょう。
僧侶の読経やお墓参りが終わると、会食が始まるので他の人と同じようなペースで食事をするのが基本的なマナーです。
招待状が届いたら、都合を付けておきましょう。