いまさら聞けない、法要に招かれた時のマナー

香典のマナー

香典のマナーの写真

四十九日や一周忌、三回忌などの法要に参加する場合は、香典を用意しておく必要があります。
表書きの書き方を知っておきたい人が多いですが、御仏前や御香料などがポピュラーになっていますが、住んでいる地域によって多少は違ってくるので、年長者に聞いておくと安心です。
不祝儀用の白の封筒を使用して、御仏前や御香料などの表書きを書いたら、下の部分に名前を記入します。
水引は黒と白、黄と白、銀と白などを使用するのが一般的です。
法要に参加する時の香典の平均的な相場を知っておきたい人が増加しています。
故人との関係によっても多少の違いがありますが、一人で参加をする時は1万円から、2万円前後になっており、夫婦や家族で参加する場合は2万円から、3万円前後が平均的な相場です。
お通夜や告別式などでは斎場の受付で香典を手渡すことが多いですが、法要の場合は遺族に香典を手渡しするのがマナーになっています。
故人と親しい間柄の場合は香典の他に、お供え物を準備しておきたい人がほとんどです。
日持ちのする和菓子や洋菓子、お茶、コーヒーなどをお供えすることが多いですが、香典を包む場合は3千円から、5千円ぐらいの商品でも問題ありません。
香典を遺族に手渡しをしたら、仏壇の前に行ってお供え物やお線香をお供えすると良いでしょう。
基本的な香典やお供え物を知識を身に付けておくと、いざという時に慌てずに済みます。
香典の金額は参列する身内と話をして、合わせている人も多いです。