いまさら聞けない、法要に招かれた時のマナー

参列する際の注意点

参列する際の注意点の写真

四十九日や一周忌などの法要は、故人の追悼のための儀式なので、清潔感のある服装や髪型を心掛けたり、ナチュラルで上品なメイクがお勧めです。
法要の当日は午前中に行うことが多いですが、時間に遅れないように外出をして、30分前には到着をすることが大事です。
仏壇やお墓では僧侶の読経が始まりますが、携帯電話はマナーモードにしておくか、電源を切っておきましょう。
僧侶が帰宅したら、日本料理店や斎場などで会食を行いますが、食べる速度は周囲に人に合わせることが大事です。
法要では日本酒やビールなどのお酒類を提供されることが多いですが、お酒の弱い人は無理に飲む必要はないので、ウーロン茶や緑茶などを飲むと良いでしょう。
会食の場では普段は親戚や親族となかなか会う機会が少ないので、故人をしのびながら会話をすることが大事です。
会食の時間は1時間から、2時間前後になっていますが、会食が終わると主催者の家に集まることがほとんどです。
法要が終わると遺族から返礼品を受け取ることが多いので、帰宅をする時はきちんと挨拶をしましょう。
法要は故人にとって大切な行事のひとつなので、主催している遺族に失礼のない態度を心掛ける必要があります。
基本的な香典や服装のマナーを知っておくと、いざという時に慌てずに済みます。
20代、30代の人は結婚を経験すると、交友関係が増えるので法要のマナーや注意点を知っておくと恥をかかなくて済みます。
両親や祖父母などの年長者にアドバイスを受けるのもお勧めです。